アフィリエイト

WordPress-ワードプレスの使い方 STINGERテーマでサイトカスタマイズ。失敗したことや注意と直し方

投稿日:

WordPress(ワードプレス)のサイトのカスタマイズをしていました。

サイトの構成やヘッダー、フッターのカスタム・・・新しいウィジットの追加・・・

ワードプレスを使用していてサイトをカスタマイズしたくなりますよね。

今回はサイトブログをカスタマイズするにあたって注意することと、実際失敗してしまって超緊急事態なんだよ!助けてくれ!って人にお話ししたいと思います。

あ、緊急事態真っ只中の人もとりあえず落ち着いてお読みください。

焦るとほんとに取り返しがつかなくなりますので・・・

広告

ワードプレスのテーマとサーバーの種類

レンタルサーバーはお名前・COMを使用してます。ドメインもここで取得したのでサーバーも一緒に契約しました。

サーバーが違うと少し操作方法が違うところがありますが、やることはどのサーバーでも同じです。

私が使用しているテーマはSTINGER8(スティンガー8)を使用していますが元々のテーマスタイルがすごくシンプルです。

というかシンプル過ぎて何もないくらいです。(笑)シンプルなのは好きなんですが

あまりにもがらーん・・・としているとさみしい感じがするのでかまいたくなります。

 ワードプレスでサイトブログのカスタマイズ。テーマの編集をする

プラグインを使う方法もありますが

自分が思うようなサイトにしたい場合、テーマそのものをかまう方が早いです。

が!超危険なところがあります。

テーマの編集で『functions.php』という部分があります。サイト外観の構成をするのにここをかまう方法があるんですが(実際サイトを探してもたくさんのかまう方法が載ってます)

ここね、超やばいです。上手くいけばいいんですが・・・

一つ 『}』を忘れたり、無駄に空白や改行をちょっといれたり・・・

たったこれだけで自分のサイトブログが真っ白になります。(正確にはエラー文字のみの画面)

こうなるとダッシュボードの管理画面にすら入れなくなります。

つまり二度と自分のサイトに入れなくなるんです。間違いすら直せません。すべてが白紙。

記事を一生懸命書いていてこつこつと育てたサイトが・・・突然の終了。

まるで突然恋人に振られたような感覚でした・・・サイト真っ白、頭の中真っ白。

こうならないために絶対しておいてほしいことがあります。

広告

『functions.php』をかまう前に・・・

サイトブログをバックアップしときましょう。

もうほんと絶対です。頼むんでマジでしといてください。失敗して後悔しても時すでに遅しです。

というより『functions.php』に限らずサイトのテーマを編集する前や、定期的にバックアップを取っておくことをお勧めします。

バックアップはFFFTPでしています。

使いやすいし、無料、使用している人も多く使い方を説明してあるサイトが多いのでお勧めです。

テーマ編集で失敗した後からの対処方法

ここからは失敗してしまった時の対処方法を説明していきます。

サイト真っ白、頭の中真っ白かもしれませんが、対処方法はあります。

現にこの記事のサイトも一度真っ白になって復元し今に至ります。(笑)

あの時の自分はかなりショッキングな気持ちと、何とかならないのか!と焦る気持ちでいっぱいでしたので・・・この記事を読んでいただいてる方も多分似たような心境の方がいるのではと思います。

先ずは一度落ち着いて、対処していきましょう。

バックアップを取っていた場合の対処方法

まずバックアップを取っていた場合の対処方法ですが、この場合は何も案ずることはないでしょう。バックアップしていた物に戻せばいいだけです。

テーマを編集する前にしていれば、一番新しい状態まで戻すことができるので失敗を巻き戻しできます。

少し前にバックアップしていた場合は、その最終バックアップの状態より古くなってしまいますが記事を投稿していた内容は消えないので再度カスタマイズすればいいでしょう。

やり方はとても参考になった記事functions.phpをいじって真っ白 お名前.comでの復旧方法とは

で私は対処しました。とても分かりやすく書いてあります。この記事に私は救われました。参考にしてください。

バックアップを取っていない場合の対処方法

『いや。バックアップ取ってないし・・・』という方の方法です。

心配しなくても大丈夫。私もバックアップを取ってませんでした。(笑)

でもこのサイトは今もこうして息があります。つまり何とかなります。

私が対処した方法を説明します。

途中までのやり方はバックアップを取っていた場合の対処方法と同じです。

FFFTPでバックアップを取っていたら上書きをすれば元通り~♪

・・・ですが取ってない場合はそうはいきません。

先ず一つ目の方法ですが

・編集してエラーが出た部分を一度元に戻し(編集した場所を消す)方法

があります。おそらくカスタムするためにコード『functions.php』を書いたり書き換えたりしていると思いますが、その部分を直接元に戻す(書き足した部分を消す)と元に帰れます。

この際『functions.php』のデータをコピーして、取っておいてください。

さらに悪化してどうしよもなくなると訳わからなくなり復帰不可能になりかねません。

余分に書いた部分を消し、カスタム前の状態に戻したら上書きしてやります。

ただ一つ問題がありまして・・・

覚えてない場合があるんです。どこをかまったのやらさっぱり。

私もそうでした。(笑)

この場合にも何とかなる方法があります。あきらめないでください。

この場合の方法は、最終手段です。

自分の使っているテーマの『functions.php』をなにも構っていない新品の状態の物を上書きしましょう。

こうすればサイトそのものは復旧します。

しかし、カスタマイズした部分などが全部1からになるので手間ではあります。

でも自分のブログや記事が完全消滅することに比べればマシです。

テーマの編集部を書き換えて復旧した後の後遺症

私はバックアップを取っていなかったので、直接『functions.php』で失敗した部分を書き換えました。

書き換えたというより、エラーが出る前に書き足した場所を完全に消した感じです。

ですが、完全復旧はできず文字化けした部分がサイトの一部に残りました。

『functions.php』の元の状態がどこがどうだったのか。どう書いてあったのか。

・・・なんて覚えてるわけもなく、完全に復旧するのは不可能でした。

ですのであきらめて、一度自分の使っているテーマを削除し再インストールしました。

文字化けも消え、何事もない状態に戻りますが、ついでにサイトテーマのカスタマイズも初期状態に戻ってしまいました。

しかし方法が他にないので、文字化けなど残ってしまった場合はあっさりテーマを再インストールしましょう。

まとめ

今回はサイトをカスタマイズするときの注意と、失敗した後の対処方法を説明しました。

対処方法はある。ですが、一番堅実で確かなことは

・バックアップを定期的にとる

・テーマ編集の前は必ずバックアップしてから作業する

ということです。

せっかく一生懸命作ったサイトやブログが一瞬で消えることを考えたら・・・必ずしておいたほうがいいでしょう。

広告

-アフィリエイト

Copyright© えんかつ情報 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.